トップページ > グループ紹介 > 理念・社是
理念・社是
理念
『わたしたちは「自立と共生の権利を尊ぶナラティブな関わり」をめざします。』
人と人との関わり、人と街との関わり、人と自然との関わりを大切にしながら、一人ひとりの想いに耳をかたむけ、誰もが自分の人生の主人公として主体的に生き、価値を認められて人とつながりながら生きる権利を応援します。

人は一人で生きられるものでもなく、また生きるべきものでもありません。とりわけ心ならずも病める人々や障がいをもって生きる人々と、ともに在ることを自覚するとき、あるいはその看取りをとおして、人は深い気づきに導かれます。
それは、たとえば、自分を含むすべての人の人生に対する穏やかな肯定感であり、たとえば、人と人とのつながり、人と街とのつながり、人と自然とのつながりを、豊かに受けとめる感性であり、たとえば、そうした感覚を静かに共有できる文化、その文化にささえられながら、病んでも、障がいをもっても、安心して暮らせる社会を築きたいという夢であったりします。

私たちは、心ならずも病める人々や障がいをもって生きる人々と「ともに在ること」を原点としながら、一人ひとりの想いに耳を傾け、自立と共生の権利を尊ぶナラティブな関わりをとおして、病んでも、障がいをもっても、安心して暮らせる文化と社会の実現に貢献したいと願っています。

 


 

自分の人生の主人公として主体的に生き(自立)、価値を認められて人とつながりながら生きること(共生)は、人間のあたりまえの権利です。けれども障がいとともに生きる人は、その障がいへの配慮を欠く人々によって主体性を奪われ、つながりを絶たれることがあります(障がいの社会モデル)。わたしたちには、一人ひとりへの配慮を尽くしながら、障がいとともに生きる人が自分の権利に目覚め、主体としてつながりながら生きることを応援する責任があります(権利ベースのアプローチ)。

 

社是
1)職業道楽
知る者も、好む者も、楽しむ者には及ばないという孔子の言葉があります(子曰、知之者不如好之者、好之者不如樂之者)。この仕事そのものを楽しみとできるような感性を大切にし、その感性を伸ばせるような職場をめざします。
2)人在育成
人材でも、人財でもなく、人が「在る」ことを大切にしながら、互いに育み、成長する職場をめざします。
3)自尊好縁
出会いを大切にすることと、自分らしく生きることとが自然に調和する職場をめざします。
4)省事倹約
無駄を省き、倹約に努めながら、全員が経営に携わっているという感覚を共有できる職場をめざします。

運営方針
■ 地域密着多機能型複合施設
「地域密着」とは地域に暮らす誰もが(共生)いつまでも(終生)、「多機能」とは通い、泊り、訪問ができ、「複合」とは介護も医療も障がい保育も、というような意味です。小さな診療所から地域密着多機能型複合施設をめざして、私たちは少しずつ施設を拡充してきました。

このミミズクは「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」で知られる宮沢賢治が生前に描いたもので、賢治にゆかりある岩手県花巻市の林風舎様のご理解をいただき、清山会医療福祉グループのロゴとして使用しています。

賢治がその作品を読む人々のなかで穏やかに光り輝いたように、私たちもまた地域の医療と福祉にささやかな灯りをともす多機能型の施設をめざしていきたいと願っています。

 

施設見学随時受付中!

グループ紹介 ご質問・お問い合わせ
ページの先頭へ
清山会医療福祉グループ 事業支援室
〒981-3111 宮城県仙台市泉区松森字西沢26-4
022-771-1852
無断転用(複写)を禁ずる。使用の許可につきましては、
上記までご連絡ください。
Copyright © SEIZANKAI Group. All Rights reserved.