トップページ > 掲示板 > 清山会MVP > 2017年2月MVP受賞 グループホームゆめみの杜 松枝 恵利さん 2
清山会MVP
2017.03.22
2017年2月MVP受賞 グループホームゆめみの杜 松枝 恵利さん 2

◆推薦者:さくらデイサービスセンター 濱松 良樹さん
■対象者:グループホームゆめみの杜 看護 松枝 恵利さん
今回推薦する方は、グル-プホームゆめみの杜をオ-プン時より支え頑張っている松枝恵利さんです。 私は松枝さんが、ゆめみの杜へ異動される前に仕事をしていたさくらデイサ-ビスセンターで2ヵ月だけ一緒に仕事をさせていただきました。
短期間ではありますが、松枝さんのご利用者に対する優しい気持ちのこもった対応と関わりの様子には本当に関心し自分自身も見習うべきところが沢山ありました。 いつも安心感のある口調での声がけや優しい笑顔での対応、看護業務だけでなく、ご利用者への食事介助・排泄対応・をはじめ、さまざまな業務を積極的に行う姿はご利用者のためにを一番に考えた行動を常に考えているからだと思います。
ご利用者からの絶大な信頼をどこの事業所でも獲得され本当に素晴らしい職員さんです。
  そんな、松枝さんが3月で退職されることを聞き残念でなりません。仙南エリアの事業所、老健さくらの杜・さくらデイサ-ビス・GHゆめみの杜 3つの事業所での勤務経験があり、本当に沢山のご利用者と職員から頼りにされた職員さんです。
松枝さんが居なくなるのは仙南エリアにとって本当に大損失になります。それだけ素晴らしい職員さんなんです。
今までの松枝さんの大きな貢献に対して、感謝の気持ちとMVPを是非受賞してほしいので推薦します。どうかよろしくお願い致します。

◆推薦者:さくらデイサービスセンター 佐藤 まゆみさん
■対象者:グループホームゆめみの杜 看護 松枝 恵利さん

今回どうしてもMVPを受賞してほしいこの方を紹介します。
おととしまで5時間パートでさくらデイを支えてくれていた松枝さん。柴田町にゆめみができるときに松枝さんの異動の話があがり、泣き泣きスタッフ、利用者さんでエールを送りました。
パートだとか、5時間勤務とかぜんぜん関係なく限られた時間を全力で関わりを楽しんでいた松枝さんが今月いっぱいで清山会をお辞めになると聞いてかなりショックです。
看護師としてお年寄りの変わりやすい体調変化を見逃さずに気づいて迅速に対応するのはもちろんですが、運動の補助、マッサージへの案内、トイレ介助、ドライヤーかけ、処置……。とにかく利用者さんを見て動きます。スタッフの動きを見て先回りして動きます。かゆいところに手が届く、そんな感じでした。
以前、面談をさせて頂いた際「私はまだまだです。人に言われて動くのではなく、自分からいち早く気づいて動けるようになりたいんです」と。なんて謙虚で意識の高い人なんだろうと思いました。その後も送迎の添乗、トイレ介助(コールがなるとケアスタッフより早い!)、レクで一発芸……。イベントで特技のクラリネット演奏だってしちゃってました。
自然体で仕事を楽しめる松枝さん、小さい体でホールを駆け回る松枝さん。常に利用者さんを気にかけそばでやさしく寄り添いお話する松枝さんはまさにさくらデイが誇る職員さんでした。松枝ファンの利用者さんも多く「まっちゃん!まっちゃん!」と声が多かったものです。
ゆめみに行ってからもレクやお風呂介助もしていると聞きました。相変わらず、看護師という資格にとらわれず一人の人としてお年寄りさんと関わるその姿は仙南エリア、いや、清山会を誇る職員さんです。
今まで本当にありがとうございました。
清山会から“愛を込めてMVP”をおねがいします。

◆推薦者:さくらデイサービスセンター 櫻井 時子さん
■対象者:グループホームゆめみの杜 看護 松枝 恵利さん
松枝恵利さんとのお別れが本当に訪れるとは・・・「私、主人の転勤で3月には北海道に戻ります。子供の入学もあるので」ガーン!!とんでもない衝撃でした。いつかはと思いつつもずっと、清山会 で一緒に仕事を共にできる人だと思っていました。松枝さんが辞めてしまうのは清山会にとって大損失だと思います。
松枝さんは、さくらデイ、さくらの杜DC、ヘルプでさくらの杜診療所、そしてゆめみの杜へ、仙南を制覇しています。「必要とされているならば何処へでも」NOとは言わず松枝さんらしい決断でした。ゆめみの杜に異動してから間もなく、「デイの賑やかさが恋しくなりました。グループホームの皆さんと私は何ができるんでしょうか?」と悩んでいる姿がありました。でも松枝さんはそこにはとどまることはしません。松枝さんは目の前にいるご利用者、スタッフに常に目を向け「その人が持っている問題やニーズ、何が困っているか」などキャッチし、その場で、その時に何をやる必要性があるかと言うことを自分で見い出し、すぐ行動しています。だから松枝さんがいると安心なのです。頼ってしまうのです。ご利用者も同じです。「今日は松ちゃんいないの?」松ちゃん依存性になっていたご利用者もたくさんデイにいました。膝を折ってじっくり話を聞いてくれる、苦痛を感じることなく介助してくれる、体調が悪くなるとすぐ駆けつけてくれる、優しく手当してくれる、一緒に笑ってくれる等々いいつくせません。
ゆめみでも変わらない松枝さんの姿がありました。「櫻井さん、看護師人生のなかで、まさか料理を作るという光景は想定していませんでした。でも、一緒に失敗しながら作ってますよ。楽しいです」と変わらない笑顔で話てくれました。
「宮城から、清山会から離れるのが寂しい。皆さんと一緒に働いたことは忘れません」と言葉をいただきました。
松枝さんと共に働けたことが私の誇りです。ありがとございました。感謝感謝の言葉に尽きます。松枝さんにMVPをよろしくお願いいたします。

 

施設見学随時受付中!

掲示板 ご質問・お問い合わせ
ページの先頭へ
清山会医療福祉グループ 事業支援室
〒981-3111 宮城県仙台市泉区松森字西沢26-4
022-771-1852
無断転用(複写)を禁ずる。使用の許可につきましては、
上記までご連絡ください。
Copyright © SEIZANKAI Group. All Rights reserved.